徹底リサーチ☆カメラ買取業者6選

トップ > カメラ買取の豆知識 > 郵送よりも実店舗でのカメラ買取がおすすめの理由と支払いの早さ

郵送よりも実店舗でのカメラ買取がおすすめの理由と支払いの早さ

多くの実店舗では、カメラ買取が可能です。
そのお店にカメラを持ち込めば、担当者が状態を確認してくれます。
いわゆる査定を行った上で、買取額が提示される訳です。
ところでカメラを買い取ってもらう方法は、何も実店舗だけではありません。
郵送という方法もあります。
郵送ならば、わざわざお店まで行く手間はありません。
しかも郵送の場合、買取価格が高めになる事も多いです。
そもそもカメラを実店舗に持ち込むのは、様々なリスクがあります。
カメラをぶつけてしまった時には、傷が付いてしまうので、買取り価格が下がる事も多いです。
ところが郵送買い取りの場合は、宅配業者が引き取ってくれます。
保険にも加入していますし、価格が下がりづらい訳です。
ですから高額買取を期待するなら、確かに郵送査定はおすすめです。


ところで郵送という方法には、デメリットもあります。
少々時間がかかるからです。
例えば東京にある買い取り店に、関西地域から発送するとします。
その場合、東京にカメラが到着するまでは、若干時間がかかります。
郵便事情がありますから、東京にカメラが即日で到着する訳ではありません。
地域によっては、かなり時間がかかってしまう事もあります。
1週間ほどかかってしまうケースも、意外と多いです。
そして肝心の買い取り額は、お店にカメラが到着した後に支払われる事になります。
郵送買い取りという手段ですと、銀行振り込みになるのが一般的です。
しかし1週間も要してしまえば、急ぎで入金してもらうのは困難です。
まして即日の現金化などは、まず不可能です。
それよりも、上述の実店舗買い取りの方が望ましい事もあります。


実店舗買い取りの場合は、支払いは比較的スムーズです。
具体的な流れですが、まずは買い取り店にカメラを持ち込みます。
そしてお店の担当者はカメラの状態を確認し、査定額を提示してくれる訳です。
その査定額で問題なければ、お店から直ちに支払われる事になります。
基本的には、店頭にて現金手渡しになります。
郵送買い取りのように、銀行振り込みになる訳でもありません。
ところで人によっては、自宅の近所に買い取り業者の実店舗があります。
歩いて30分前後の場所に実店舗があれば、即日でカメラを買い取ってもらう事もできます。
そもそもカメラ買取には、スピードが求められる事も多いです。
何らかの事情があって、当日中に現金化したいと望んでいる方々も、少なくありません。
ですから「急いで買い取ってほしい」時は、郵送よりは実店舗買取がおすすめです。

ページトップへ