徹底リサーチ☆カメラ買取業者6選

トップ > カメラ買取の豆知識 > カメラ買取の査定前に拭き掃除しておく方が良いのか

カメラ買取の査定前に拭き掃除しておく方が良いのか

カメラ買取の査定を受ける前に、多くの方々は掃除を行っています。
お店に提示する前に、カメラの拭き掃除などを行う訳です。
カメラの拭き掃除をすれば、もちろん綺麗な状態になります。
やや長い間使い続けたカメラでも、丁寧に掃除してみれば、かなり綺麗な状態になる事も多いです。
ところでカメラを買い取ってくれるお店は、品物の状態を重視しています。
良い状態の品物は、お店からの評価も高まる訳です。
と言うのも、カメラの査定基準の1つは「使用感」です。
新品に近い品物ですと、あまり使用感がありませんから、必然的に買い取り価格も高くなります。
逆に、使い古された状態ですと、買取価格も低めになってしまう訳です。
ですから査定前にカメラの清掃をするのは、大いに意義があります。
ただし、あまり強く擦るのも問題です。
カメラを強くこすってしまうと、製品に傷が付き、買取価格が下がってしまう場合があります。


ところで買取店では、しばしば価格交渉が行われています。
想定よりも価格が低い時には、お店と交渉してみると、価格が高くなる事もあるからです。
例えばお店から、カメラの買い取り額は10万円と提示されたとします。
しかしお店にカメラを持ち込んだ本人は、もっと高い価格を想定していたとします。
仮にそれが13万円だとすると、お店と価格交渉してみる選択肢もある訳です。
「13万円なら直ちに売ります」などと交渉してみると、その価格で買い取ってくれる場合があります。
実際お店としては、少しでも早くカメラの在庫を確保したいと望んでいる事もあります。
ですから直ちに売る姿勢を見せれば、査定額よりも高めな金額で買い取ってくれる可能性もある訳です。
ただ交渉が成功するか否かも、印象次第です。


カメラ買取のお店と価格交渉しても、必ずしも成功するとは限りません。
お店側の様々な事情があって、上述の13万円では難しい事もあります。
しかし成功率を高める事もできます。
と言うのも買い取り店の担当者は、来店客をよく観察している事も多いです。
良い印象が感じられる来店客ですと、サービスしてくれる場合があります。
つまり良い印象を与える事ができれば、価格交渉が成功する確率も高まる訳です。
上述のカメラの清掃は、その印象に大きく関わってきます。
やはりカメラの状態が綺麗な方が、お店の担当者に対する印象は良くなります。
そもそも清掃したからと言って、カメラの価値が極端に高まる訳ではありません。
しかしお店に対する印象は良くなるので、やはり清掃しておく価値はあります。
ですから高額買取を望むなら、査定前の拭き掃除はおすすめです。

ページトップへ