徹底リサーチ☆カメラ買取業者6選

トップ > カメラ買取の豆知識 > なぜWEBによるカメラ買取は価格が高めになるか

なぜWEBによるカメラ買取は価格が高めになるか

カメラ買取には、様々な方法があります。
その内の1つは、ネット買取です。
できるだけ買取価格を高めたい時には、ネット買取は前向きに検討してみる価値があります。
その流れですが、1段階目は申し込みです。
ネット買取のサイトにアクセスし、カメラに関する様々な情報を入力します。
カメラの画像データも作成し、サイトでアップロードする訳です。
2段階目は、買取会社に対するカメラ送付です。
ネット買取の場合は、原則的には郵送になります。
査定住所にカメラを送付し、状態を確認してもらう訳です。
3段階目は、買取会社からの価格提示です。
サイトによっては、複数店の買い取り価格を比較できます。
掲示された価格で満足なら、カメラを売却する事になります。
そして買い取り価格は、後日に振り込まれるのが一般的です。


上述のWEB買取という手段は、買い取り額も高めになる傾向があります。
それには主に2つの理由があって、1つ目は無店舗だからです。
そもそも買取業者が実店舗を構えるにしても、様々な経費があります。
地代家賃や内装費用など、様々なコストが生じてしまう訳です。
コストが高く付いてしまうと、買取価格も低めになる傾向があります。
ところがWEB買取という手段を採用している業者は、たいてい無店舗経営になります。
店舗がなければ、もちろん地代家賃などを支払う必要もありません。
内装費用も同様です。
つまり無店舗経営の業者は、様々なコストを削減できる訳です。
無駄なコストがなければ、顧客の買取額に上乗せする事もできます。
ですからカメラを高く売りたいなら、上述のWEB買取という手段はおすすめです。


それとWEB買取は、持ち込み不要です。
そもそもカメラ買取は、実店舗持ち込みという手段もあります。
お店にカメラを持参すれば、製品の状態は確認してもらえる訳です。
ところがお店にカメラを持参するのは、破損リスクがあります。
例えば、カメラに対する衝撃です。
どこかでカメラが壁などに衝突してしまえば、傷が付いてしまいます。
それで買取価格が下がってしまう事も多いです。
ところがWEB買取という手段は、あくまでも郵送になります。
宅配業者が郵送してくれる訳ですが、自宅までカメラを取りに来てくれます。
ですから業者が自宅に到着するまでは、カメラを安全な場所に保管しておけば、特に問題ありません。
また運送業者なら、万が一の保険にも加入しています。
カメラが傷ついてしまうリスクを抑えられるので、買取価格も高めになる訳です。
ですから多くの方々は、WEBでカメラ買取を行っています。

ページトップへ