交渉があるのを前提にする名古屋での不動産の売却

名古屋では不動産の売却をする上では価格設定が重要になります。いくらで売買を成立させたいかを予め想定した上で、適切な価格にしておかないと思ったよりも安く売ることになりかねません。不動産の売却では交渉がつきものだからです。

不動産の売却と買い手の心理

不動産の売却をしたいときにはこの価格で売れたら良いという金額を想定することは多いでしょう。不動産査定を行って査定金額を確認し、相場情報を集めていくらが適正かと調べるところから始めるかもしれません。不動産会社に直接相談して価格を決めてもらうという人もいるでしょう。売りに出すときの売却価格で取引が成立すれば想定通りで満足できることになりますが、大抵の場合にはそのような売買は成立しません。書いての立場になって考えてみればわかりやすいことでしょう。少しでも安く買いたいと思うのは買い手の常であり、交渉をして少しでも価格を引き下げようとするはずなのです。その心理を理解した上で価格設定を行うのが想定通りの価格での取引につながります。

交渉対策のための価格設定の基本

不動産の売却では交渉があるのを前提にして価格設定をして売りに出すのが賢明です。交渉によって価格を引き下げるのに成功したと買い手に考えてもらうのが大切であり、それによって満足して契約を成立させることができます。その満足してくれた結果として決まった価格が想定した取引価格になっていれば良いのです。基本的な考え方としてやや高めに設定するのは重要ですが、それと同時に交渉しやすい価格にしておくのが良い考え方になります。端数を切り捨てるのは交渉で最も切り出しやすいものであり、2300万円で売りたいときには2340万円といった形にしておくと良いでしょう。その40万円はもともと交渉してもらうためにつけているものだと考えるのです。

相場からかけ離れない大切さ

不動産の売却のときに交渉を懸念するあまりに高い価格を設定してしまうとその段階にすら至ることができません。相場がどの程度かをよく理解してかけ離れた値にしないようにしましょう。買い手も無料サービスなどを利用することで査定価格を簡単に調べることができます。周辺の物件情報については自分よりも詳しい可能性が十分にあるので、相場感覚は自分よりも優れていると想定した方が良いでしょう。やや高めであっても魅力的な物件だと思ってもらえれば買い手が見つかる可能性がありますが、逸脱してしまっては元も子もありません。特別に魅力的な不動産でない限りは、10%以上相場から離れてしまうと厳しいという感覚を持っていると最初の価格設定で失敗せずに済むでしょう。

Comments are closed.