予算別で選択できる名古屋不動産投資法

不動産投資は、株式などの投資とは違い、価値が無くなることはありません。また住む人がいる限り、収益を出し続けることができます。土地や建物を購入し、入居者を募るだけでなく、初期投資額に応じた様々な方法があります。

名古屋不動産投資の王道・マンション投資

名古屋は景気が悪くなりません。その理由はトヨタ自動ががあるから。不動産投資で最も多くの人が考えるのは、マンションの購入です。マイホームを購入することもある種の不動産投資と言えますが、入居者を確保することで安定的に利益を出します。不動産投資をこれから始める場合は、ワンルームマンション物件を狙うのをおすすめします。日本は人口減少が続いてはいますが、まだ都市部では人口は増加し続けており、平均世帯人員が減少していることから、ワンルームマンションの需要が増えています。介護機能のついたマンションなども存在し、老人ホーム代わりに利用する高齢者の取り込みも盛んに行われています。購入の際には長期的な計画を立て、何年間投資をするのか、建て替えを行ってでも投資を続けるかなど、出口戦略を十分に整えましょう。きっと安定的な収入がもたらされます。

どんな物件にも存在する建て替えのリスク

不動産投資では、駐車場を除いて全てに建物を作る必要があります。不動産価格の7割から8割は建物の価値と言われ、その価値は年々減少していきます。築30年を越えると賃貸価格の相場は下がり、老朽化も相まって建て替えをする必要が生じます。
建て替えには多額の費用がかかり、これまでの収益がかなりの部分で相殺されることになります。実際、建て替えのタイミングで安価で売却し、不動産投資を終了するオーナーも多数います。もちろん新築で購入し、建て替えまでの間に安定して入居者があった物件の場合は、十分に建物の価格が償却されていますので損になることはありませんが、購入と並んで重要な判断が必要とされるタイミングになります。売却か建て替えかの判断はオーナーの年齢や状況によって異なります。

名古屋で数十万円から始める不動産投資

不動産の購入は多額のお金がかかります。誰もがその費用を工面できるわけではありません。しかし不動産投資には区分所有やJリートなど、数十万円から始められるものがあります。
これらは不動産を管理する会社があることから、自分で不動産投資を行うよりも利益率は低くなりますが、高い流動性があり、途中で投資を止めたり、追加で投資を行うことが容易にできます。株式投資のように上昇したら売り、下落したら買いという手法が可能であるのも特徴です。想定される利回りなどはそれぞれに異なりますので、購入前には情報をしっかり確認するようにしましょう。
まだ始まってからの歴史が比較的浅い投資手法ですので、今後の発展が期待されます。しかし不動産投資で留意しておきたい点は、儲かる案件は自分自身で探すということです。

Comments are closed.