近年、名古屋で不動産を使って投資を行う人が増えています。しかし投資を行うには不動産に関しての正しい知識が必要です。また眠っている土地や今は使っていない建物などがある際にも、不動産についての知識があると得をするといったことも充分にあり得ます。

名古屋の不動産の特徴について

不動産という言葉を聞くことはあっても、いざ説明するとなると難しいという人も多いでしょう。大まかに説明すると不動産とは土地とその定着物のことを言います。定着物というのは簡単に言うと土地から離れにくい物のことです。建物はもちろん、木なども定着物と定義されています。分かり辛い場合は動産以外の物を不動産と認識すると良いでしょう。
不動産は登記することで、権利を行使できるようになります。登記は法務局へ行き登録を行います。不動産の売買においては登記ということも重要になることが多いです。登記は一部の例外を除き、先に登録した側に権利があります。会社設立時にも登記が必要といったことがありますが、その場合は司法書士に任せても良いです。

購入と売却

不動産は買うことも売ることも可能です。価値が上下することもあるため、売買で稼ぐといった投資も行えます。不動産の価値は基本的には土地と建物で決まりますが、この内価値が変動しやすいのは土地の方で、立地やその地域の景気などで土地価格相場は変わることが多いです。土地価格は路線価、地価公示価格などからある程度は把握できますが売却前に査定を行うのが基本です。
査定は不動産会社に依頼して行うケースが多いですが、簡易査定ならインターネットでも可能です。一括査定で所有する不動産の相場をある程度は調べることができます。建物の価値は築年数が影響します。古い建物は安く、新築は高いという場合が多いですが、リフォームで建物の価値を上げることは可能です。

名古屋で不動産で賃貸収入を得る方法

マンション、アパートなどで賃貸収入を得たい場合は元々所有している建物を使うか、投資用に不動産を購入して行うのが一般的です。こういった不動産投資は節税対策になりますが、賃貸管理業務が重要になりやすいです。
こういった投資では空き室は少ない方が良いため、物件や土地のアピールポイントがあると有利です。ちなみに、リスク回避の手段として家賃保証会社に業務委託するといった方法もあります。家賃保証会社に依頼すれば空き室がある際にも賃貸収入を得ることができます。また大抵は賃貸管理業務も任せられるので家賃の集金、クレーム対応、敷金の精算なども任せられます。退去後のリフォームなども依頼可能な場合があるなど、総じて手間の多くを省けるのがメリットといえます。